午前0時のmitakehan

ファッション5割、2割ライティング関連、2雑記1インコの記事割合

スーツケースの機内持ち込みサイズは何cmまで?サイズ別おすすめアイテム

スーツケースの機内持ち込みサイズって何cmまでOKなの?席数によって細かく設定されている対応サイズをスーツケース販売経験があるmitakehanが詳しく解説。探すのが難しい100席未満に対応した小型スーツケースのおすすめアイテムも合わせて紹介。

スーツケースの機内持ち込みサイズとは?

f:id:mitake3000:20170705101258j:plain

旅行やビジネスの出張にと今やなくてはならない存在とも言えるスーツケース。お気に入りの鞄を持って遠出をすれば、旅行のテンションも上がるというものです。そんなスーツケースですが、1~2泊くらいに使える30リットル前後のサイズに始まり1週間以上の旅行に使える70リットル以上のサイズもあったりと実に多種多様。その中で1~2泊用に使える機内持ち込みサイズは、航空機の座席へそのまま搭乗できるためビジネスだけではなく短期旅行でも人気のアイテムなのです。

預け入れ荷物を待たなくて良い|機内持ち込みサイズのメリット

預け入れ荷物がコンベアに乗って流れてくるのを待つ時間は、急いでいるときはやきもきするもの。大きいサイズのものなら仕方がない部分もありますが、ビジネス用途などではなるべく身軽に動きたい人も多いのでは。

航空機によって細かく基準は違いますが、JALANAなど国内航空会社の規定では100席未満の小型航空機で45cm×35cm×20cm(合計100cm)、100席以上の大型航空機では55cm×40cm×25cm以内かつ3辺の合計が115cmと決められています。この枠内なら座席までスーツケースを持って搭乗することが可能です。

計測方法はキャスターや取っ手などのでっぱりも含む

機内サイズだけではなく無料で預け入れることができる受託サイズ(国際線の場合、平均して3辺合計158cm)の計測は、キャリーバック本体の大きさではなくキャスターや取っ手などのでっぱった部分も含みます。このくらいは大丈夫だろうと思っても意外と枠外になるものもあるので、購入前に確認することをおすすめします。

今どきの主流はファスナータイプ?スーツケースにチャックタイプが増えた理由

サイズの規定のほか、特に大事なのが重量規定。機内持ち込みだと10kg、預け入れの場合は23kgと、重さに気をつけなければ追加料金がかかったり空港内で無駄な手間がかかってしまいます。昔ながらのフレームタイプも開閉しやすくとても便利ですが、金属を使用するためスーツケース自体が重くなるのがデメリット。現在では軽さに重きを置いたファスナータイプが主流になっているのです。ケース素材も昔より弾力性の高いものに変わっているので、素材と相性の良いファスナータイプは思いのほか耐久性も高くおすすめです。

100席未満対応のスーツケースは少ない?現在は大型航空機が基準

店舗に行き100席未満のスーツケースを探してもなかなか見つからない、なんて経験を持つ人も多いかと思います。現在は基本的に100席以上の大型航空機を基準として機内持ち込みスーツケースは作成されており、小型はほとんどのメーカーで作られていないのです。少ないながらも作られてはいるのでじっくり探すと見つかりますが、普段スーツケースを見慣れていない人からすると、どれを選んだらよいのかわからないなんてこともしばしば。そういう場合は店舗スタッフの方に聞くか、しっかりと表記を読んで購入すると良いのではと思います。

スーツケース機内持ち込みサイズおすすめアイテム6select

スーツケースを探し始めると様々なサイズが並び、何を選んだらよいのかいまいちわからなくなってしまう人も多い模様。そこでスーツケース販売業に携わっていたこともある筆者、mitakehanがおすすめするアイテムを紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。*1

小型航空機(100席未満)機内持ち込みスーツケース

静音製の高いツインキャスターを採用した小型サイズのスーツケース。強度が高く軽量なポリカーボネート素材を100%使用しているので、 タフな使い方が求められるビジネス用途にもしっかりハマります。

書類やちょっとした小物を出し入れがしやすいフロントオープンタイプのスーツケース。上面がポケットになっているので衣類を収納する部分は控えめですが、衣類以外の仕舞い込みも多いビジネスシーンにはとても使いやすいアイテムです。 

国内スーツケースメーカーとして絶大な人気を誇るACE(エース)社が発売した、100席未満機内持ち込み可能なスーツケース。頑丈さもさることながら、2.5kgと軽量なのも大きな魅力。ツインキャスターを採用しているので、走行性も安定している点もおすすめ。

大型航空機(100席以上)機内持ち込みスーツケース

スーツケースメーカー最大手のSamsonite(サムソナイト)社の直系ブランドAmerican Tourister(アメリカンツーリスター)が展開する、軽量 かつ32Lと容量も多めなアイテム。シンプルなデザインで旅行、ビジネスとシーンを問わず使用しやすいスーツケースです。

エース社が展開する最上位ブランドProteca(プロテカ)のフロントオープンタイプのスーツケース。ポケット付きのデメリットとしてあげられる容量の少なさも解消した、40Lの大容量が嬉しいアイテムです。

1.8kgと驚愕の軽量さを実現した、サムソナイトのヒットアイテムCOSMOLITE(コスモライト)。シングルハンドルや貝を思わせる独特な外装(シェル)などスタイリッシュなデザイン性に加え、潰れても元に戻るポリプロピレン製の特殊な素材を使用しているので耐久性も抜群です。

旅はストレスなく軽やかに動ける機内持ち込みタイプも一つの選択肢

一口に機内持ち込みタイプのスーツケースと言っても、乗り込む航空機によって細かく設定されています。特に地方空港などでは大型便がそもそも少ない場合が多く、機内持ち込みと書いていたからと言って必ず通れるとは限りません。使用する状況なども鑑みて自分に合ったアイテムを購入すれば、旅行もビジネスも軽やかにストレスなく楽しめるかもしれません。

*1:amazon楽天どちらのリンクも載せていますが同一アイテムがない場合、同じサイズの検索ページに進むよう設定されています