読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前0時のmitakehan

ファッション5割、2割ライティング関連、2雑記1インコの記事割合

ランサーズで稼ぐ|初心者ライターが月に3万円手に入れる3つのコツ

フリーライターの入り口として人気のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」。文章ライティングからプログラミング、イラストや翻訳まで幅広い案件を取り揃えているのも魅力の一つです。筆者が主に活動拠点としているランサーズで、初心者が月額3万円を稼ぐコツを紹介します。

お金が稼げないは勘違い|「ランサーズ」を副業に選ぶ理由

f:id:mitake3000:20161207220947j:plain

現在では多くの企業がサービスを提供しているクラウドソーシング業界。手が合いた隙に少しでもお小遣いを稼ぎたい主婦や学生、本格的なフリーランスの足がかりとして登録する人まで幅広いユーザーが利用しています。ライティングやプログラミングなど用途は人によって実に様々で、初心者でも気軽に利用できるのも大きな魅力。とは言え実際に始めてみると、なかなかうまく稼げないなんてこともしばしば。今回は筆者が主な活動拠点として利用しているランサーズを例にとり、初心者でも月額3万円以上稼ぐ3つのコツを紹介します。

そもそも「ランサーズ」とは?

クラウドソーシング「ランサーズ」  

日本国内のクラウドソーシングサービス企業の中でも最大手として知られるランサーズは、他の企業に先駆けて日本で初めてクラウドソーシングサービスを開始したサイトとしても認知されています。案件の多さやサポート体制の充実、認定ランサー制度などフリーランスとして活動するプロが安心して仕事に取り組める制度を整え、多くの利用者の支持を集めています。

ランサーズで3万円以上稼ぐ3つのポイント

一日にこなす数を決める

ランサーズ内には単価の高低に関わらず様々な案件が存在します。タスク、プロジェクト、コンペと案件のスタイルも3つあり、何でもかんでも手をつけようとすると思いのほか時間がかかってしまい全く稼げないなんてことも。例えばお気に入り機能を使用して書くものを決めておき、1日3~5件タスク案件をこなすなどスケジュールを決めると良いかもしれません。

単価の低い案件はなるべく選ばない

タスク案件の仕事依頼を見てみると400文字の記事で60円前後の価格を提示している案件も少なくありません。お小遣いとして月5000円程度欲しいのであれば良いのですが、万単位以上稼ぐ予定であれば文字単価0.5円以上の案件をこなした方が無難です。200円記事を日で3件、20日続ければ1万2000円の稼ぎになります。

目標金額に応じて利用する案件を選ぶ

ランサーズ内では3つの案件方式がありますが、それぞれで仕事の仕方や稼げる額が変わってきます。もし3万円以上稼ぐのならプロジェクト方式、1万円前後ならタスク方式、一発逆転ならコンペ方式と目標金額を設定し、それにあった働き方を選ぶのが安定した収入の近道となります。

「ランサーズ」の案件別特徴

「ランサーズ」で稼ぐ方法|タスク案件

単発の案件をこなす案件方式で、短めの文章をこなすことの多く単価も比較的低めです。誰でも記入できる日記記事や体験談など難易度も低めなので、今までライティングをしたことがない初心者なら一度タスクをこなしてみるのも良いかも。月でだいたい1万円前後稼ぎたい方におすすめで、単価が低い分タスクで3万円稼ぐとなるとかなりの件数をこなす必要があります。

「ランサーズ」で稼ぐ方法|コンペ案件

ネーミングやロゴなど複数のランサーが企業に提案し、その中からクライアントが一つを選ぶコンペ方式。報酬金額は一件で1万円から3万円と高額で、当選すればかなりの額を稼ぐことが可能です。提案するランサーも非常に多くその中から当選を勝ち取るのはとても難易度が高いので、どちらかと言うとタスクやプロジェクトの合間に行うと良い案件とも言えます。

「ランサーズ」で稼ぐ方法|プロジェクト案件

安定して月3万以上稼ぐのならば、高単価の案件が多く継続して仕事を行えるプロジェクト方式がおすすめです。タスク案件でありがちな自分で書くものを探すのに時間がかかって意外と稼げないと言うこともなく、文字数も1000文字以上としっかり稼げます。コンペのように提案が必要でテストがある場合もあるだけに初心者からすると敷居が高いように感じますが、筆者もテストが通った後にはある程度安定して稼ぐことができるようになりましたし、クライアントによってはライティングマニュアルや指導などもしてくれるので自身のレベルアップにもつながります。

プロジェクトに応募する際のポイント

筆者もライティング経験がまるでない状態でテストを受けましたが、基本的な日本語が使えて他のサイトからコピペなどを行わない常識があればさほど難しくはないようです。ライティングテストを実施している企業であれば、経歴は比較的に関係がなく初心者でも通りやすい傾向があるように思います。プロジェクト提案をする際には『どう言った分野についての知識がありどのような執筆活動を行いたいか』など、具体的な自己アピールを心掛けるとクライアントも見やすく理解しやすくなります。

ランサーズで稼ぐのなら目標に合った案件を選びたい

国内最大手のクラウドソーシングサービスサイト「ランサーズ」を利用して収入を得るには、自分の目標金額に合った案件を選ぶのが重要なポイント。少額で仕事の片手間に副収入を得るならタスク作業を行い、しっかり企業と契約を行いフリーライターとして稼ぎたいのならプロジェクト方式を選ぶなど相性の良い方式を選びたいところです。

稼いだ経験がないといまいちピンとこない部分もあるかと思いますが、まずは何か仕事をして収入を得てみると向き不向きが分かってくるかもしれません。副業選びでクラウドソーシングを考えているものの何を基準にして選んでいいのか分からないと悩んでいるのなら、登録も無料ですし下記リンクから詳しい内容を確認してみて下さい。

 

ランサーズリンク

クラウドソーシング「ランサーズ」  

広告を非表示にする